法律

日本のオンラインおよび陸上ギャンブルを規制する法律

日本の法律は2016年にカジノ法案を可決しました。これにより、日本の領土に3つの統合リゾートを設立することが許可されました。これらのリゾートは、カジノ全体の面積の3%のカジノゲームをホストできます。ニュースが発表されて以来、MGMリゾーツインターナショナルのような大手企業は、日本での機会を模索しています。横浜と大阪は、新しいカジノが設立される場所と推定される2つの都市です。少なくとも2つのリゾートの建設は、2020年東京オリンピックの前に完了していると言われています。これらのリゾートは、リゾートの敷地内で発生する限り、ギャンブルの主催を許可されます。リゾートには、ホテル、会議場、その他の娯楽施設も必要です。これらのリゾート周辺で他のカジノを運営することはできません。事業者は承認手続きを申請する必要があり、日本の観光の基準に沿ったリゾートを構築できる者だけが許可を得るでしょう。

オンライン賭博

オンライン賭博

新しい法案は、観光客や市民にカジノゲームをプレイして経済を向上させることを奨励しますが、オンライン賭博のシーンには別のケースがあります。レース、サッカー、宝くじに関する法律はそのまま残っており、市民に多くの賭けの機会を提供しています。唯一の難点は、これらの種類のギャンブルが政府のベンダーを通じてのみ許可されていることです。イベントを訪れ、そこで賭けをするブックメーカーを見つけることができます。会場の敷地外での同様の行為は違法と見なされます。同じゲームへの賭けを提供するすべてのオンラインWebサイトは禁止されており、そのサイトを使用するすべての市民が違法行為に直接関与しています。
しかし、オンライン賭博に対して政府が行動を起こすことは難しい。これは、インターネットが大きな場所であり、世界中の何百ものサイトがカジノやスポーツブックを提供しているためです。当局は、暗号通貨を支払い元として使用しているため、これらのサイトの多くを発見することさえできません。オンラインサイトの監視に関与することは当局にとって困難な作業であり、市民がお気に入りのオンラインゲームに賭ける機会を与えてくれます。

 

日本中央競馬会は、ユーザーがレースに賭けることができるオンライン賭博プラットフォームを持っていますが、それはサービスに加入している人にのみ限定されています。一方、暗号通貨の賭けサイトはユーザーの個人情報を必要としないため、政府に対して完全に匿名になります。全体として、日本ではオープンベッティングサイトは許可されていません。

日本で違法に賭ける別の方法は、有名なヤクザのギャングが運営する地下のカジノを訪れることです。日本中の違法行為のリストを提供しています。ハイステークパチンコ、麻雀、バカラ、その他のカジノゲームは、違法な場所で見つけることができます。会費の支払いに関しては、ヤクザは許されないので、正しい選択をしてください。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *